インプラントの流れ
ドゥケア歯科クリニック > インプラントの流れ

インプラントの流れ

インプラントの流れ

様々な段階を経て、インプラントの治療が終了するまでには平均4〜9ヶ月かかります。一般的なインプラント治療の過程には次のような段階があります。
治療前の診察
あなたの病歴や心身およびお口の状態を慎重に評価し、インプラント治療が行えるか判断し決定します。
治療前の診察
インプラント(人工歯根)の埋入
麻酔下で顎の骨にインプラントを埋入します。数ヵ月後、顎の骨とインプラント表面が結合し、インプラント顎の骨の中に固定されます。その後、粘膜(歯グキ)を整形して、インプラントに人工歯を取り付ける接合面を確保します。この処置を二次手術といいます。
インプラント(人工歯根)の埋入
インプラント上部構造(人工歯)の製作と取り付け
人工歯を製作するための型とり(印象採得)を行います。天然歯のような自然な形態と機能を持った人工歯が製作されて、インプラントに装着・固定されます。
インプラント上部構造(人工歯)の製作と取り付け
正しいメンテナンス
歯科医(担当医)及び衛生士が、継続的にインプラントの正しいお手入れとメンテナンスについて指導します。優れた材質と機能を持つインプラントは、正しいメンテナンスと定期点検により、一生涯あなたの充実した人生をお手伝いすることが可能になります
正しいメンテナンス